先史時代

1429年のコロンブスがはじめて北アメリカ大陸を発見したといわれていますが、それ以前にもヨーロッパから北米大陸への接触はあったようです。

カナダの東岸、北大西洋の沖合にニューファンドランドという島があり、この島の北西端のアンス・オ・メドウから10世紀末から11世紀初頭と推定される北欧バイキングの集落跡が発掘されています。実際バイキングたちは対岸のラブラドール、さらにノヴァ・スコシアあたりまで進出していたらしく、このことはノルウェイの叙事詩などによっても裏付けられています。

1492年のコロンブスのアメリカ大陸発見とそれに続く三度の航海、その後アメリカの名前の由来となったアメリゴ・ヴェスップッチの航海は、いずれも中米に近い遥か南の出来事でした。
これに対して現在カナダと呼ばれる大陸への探検はもっぱら英仏両国によって行われました。
この探検の主な目的は第一に新大陸の発見、そして第二は東洋への西回りのルートの開拓です。当時の西回りルートのうち南経由のルートはポルトガルに、真の西回りはスペインに開拓され、イギリスやフランスは割り込む余地がなかったのです。

そこでイギリス国王ヘンリー6世は1497年ヴェネツィアの航海家ジョヴァンニ・カボットを起用して北経由で東洋にいたるルートを見つけさせるため艦隊を派遣しました。
そしてこの艦隊は現在のニューファンドランドの東岸のボナヴィス岬に到着し、東海岸を南下して英国領アメリカ(ニューイングランド)を開拓するに至りました。

一方フランスは、やはり北経由の東洋航路を発見するため、フランソワ1世がフィレンツェ生まれの航海家ジョヴァンニ・ダ・ヴェラッツァーノを派遣して 1524年北米東海岸(現在のニューヨーク)あたりを探検させ、そして1534年、ノルマンディー出身の航海家ジャック・カルティエがカナダ大陸に到着したのです。
TOPPAGE  TOP