カナダ連邦とケベックについて

カナダの政治機構の特徴は、立憲君主制・議院内閣制・連邦制の三つの原理の併用にあります。同じ北米大陸であるアメリカ合衆国は共和制・大統領制を採用ですが、ともに旧イギリス植民地であったカナダとアメリカ合衆国の違いは、旧宗主国イギリスとの関係が反映されています。

立憲君主制
カナダの国家元首はイギリス国王であり、総督がその代理を務め、各州には総督が任命する副総督がいて、州レベルでイギリス国王の代理を務めています。
副総督には州会議で可決された法案の批准を保留する権利が与えられているほか、州の首相を罷免する権限がありますが、逆にカナダ連邦の首相により罷免される立場にもあります。この制度の例として有名なのが、1878年にケベックでおきた事件で、当時の副総督であるリュック・ルトゥリエ・ド・サンジャンが州議会の信任厚い州首相シャルル・ブシェビルを罷免し、その翌年マクドナルド連邦政府により副総督の座を追われるということがありました。
実際に副総督が果たす主な役割は行政府の長として社交や儀式を行うことで、「君臨すれども統治せず」の原則を踏襲しています。

議院内閣制
行政府と立法府の権力分立を原点とする大統領制とは異なり、議院内閣制では行政府と立法府が密接に関係しています。
ケベックにおいては立法府として州議会が、行政府として内閣があり、州議会で多数派を形成する政党の党首が内閣を組織します。州議会はケベック州民を直接に代表し、各選挙区から一人ずつ選出されます。州議会の任務は、ケベックが管轄権を持つ範囲での法律を作ることです。現在の議席は定数125に対し自由党48、ケベック民主行動党39、ケベック党36、欠員2となっています。5年ごとに選挙があり、現在の首相はジャン・シャレーですが、総選挙が12月8日に実施される予定です。

連邦制
連邦制とは、連邦政府(中央政府)と連邦構成政府(地方政府)の間で立法権が分立されていて、中央、地方のそれぞれの政府は優劣に関係なく、憲法により与えられた権限の範囲内で主権と自治権を享受している政治制度の事です。
 ケベック州は連邦政府を構成する10州のうちの1州ではありますが、カナダ建国の二民族のひとつであるフランス系住民が多数派を占める唯一の州であるために、実際には他の9州とは異なっていて、ケベックの政治はフランス系カナダとしての民族自決、ケベック州の自治権の拡大を中心に据えており、その時々の政権によってはケベックのカナダ連邦からの分離独立や特別な地位の要求などという形に現れています。

pic2.jpg
TOPPAGE  TOP