ヌーベルフランスの経済

17世紀初め以降ヌーベルフランスに入植したのは、主としてノルマンディー、ブルターニュ、ポワトゥなどフランス北西部出身の貧しい農民だったといわれています。

その後18世紀半ばには五万人を超える人口となりましたが、1763年、英仏戦争後のパリ条約においてフランス植民地からイギリス植民地となり、経済権をイギリス系に支配されていきました。

フランス系のエリートは、医師、弁護士、代書人の三つの砦に押し込まれ、漁師や農民はアメリカ独立を嫌って大量にカナダに移住してきたロイヤリストたちに圧倒され、自らの信仰と習俗と言葉を守るため、司祭に従って奥地へと向かざるを得なくなっていきました。

Louis XIV.jpg19世紀に入ると、フランス語の使用と地租増税をめぐって議会での対立が深まり、フランス系住民による2度の武装蜂起が起こりました。

この事件により、フランス系の力を弱めるために、イギリス系移民を大量に送り込み、東西に延びる各イギリス領北米職員地の連邦化を急ぐことになりました。

ケベックの経済社会はこうしたカナダ統合への動きの中で、積極的な民族自立の途を閉ざされ、保守的・受動的立場野中で、その後の農本主義・反近代・敬虔なるカトリック信仰・封建制度を構造化していくことになりました。



ロワイヤル広場のルイ14世の胸像
TOPPAGE  TOP