ケベックの芸術について

先住民のアメリカンインディアン、そして北方の住民イヌイット(エスキモー)の伝統と、ヨーロッパから来たフランス文化を背景とするケベックの文化は、まさに独創的で多彩に富んでいます。

その優れた感覚は、様々な芸術分野でも多くの優秀な作品を生み出してきました。

文学・絵画・彫刻・音楽・映画・演劇・ダンス・サーカス・・・ケベック人の独創性と想像力がもたらすこれらの芸術は世界各地でも高い評価を得ています。

シルクドソレイユやモントリオール・ジャズ・フェスティバル、モントリオール国際映画祭、ケベック・サマー・フェスティバルなどは特に有名で、世界中から観光客が集まります。

また、あちこちに独特のミュゼ(美術館)がありますが、特にケベックシティの文明博物館やケベック美術館では、その文化と芸術の歴史を垣間見ることが出来ます。


ケベック サマーフェスティバルの様子



ケベック ウィンターカーニバル

文明博物館(ホームページはこちら

また世界中でその名を知られているシルク・ド・ソレイユはケベックの火喰い芸の大道芸人だったギー・ラリベルテが、1984年にカナダで設立したエンターテイメント集団です。

公演内容の一部
ZED(東京のレジデント・ショー)
Dralion(ドラリオン)
Alegría(アレグリア)
Corteo(コルテオ)
DELIRIUM(デリリアム)
KOOZA(クーザ)
Quidam(キダム)
Saltimbanco(サルティンバンコ)
Varekai(バレカイ)
TOPPAGE  TOP