ケベック400周年コンサート

セリーヌ・ディオン

2008年8月22日にはケベック州出身の世界的ポップシンガー、セリーヌ・ディオンがアブラハム平原で無料コンサートを開きました。

25万人以上のファンが会場を埋め、3時間の立ち見にもめげず、ディオンが熱唱するヒット曲の数々に酔いしれていました。このときセリーヌ・ディオンはフランス語ですべての歌をうたい、セリーヌ・ディオン一族みんなでケベックの民謡などを歌ったり踊ったり、と観客を沸かせていたようです。

残念ながら日本人に大変よく知られているタイタニックのテーマソングは歌われなかったそうなので、それを期待していた人はちょっとがっかりしたという話もありました。コンサートの前日の8月21日にはケベックシティのラバル大学で名誉博士号を授与され、同大のブリエール総長は「ディオンさんは、プロフェッショナリズム、人間性、努力の鑑とも言える人物」と称えました。


ポール・マッカートニーがコンサートを開催

7月20日は、ポール・マッカートニーが400周年祭の一環として、アブラハム平原で野外コンサートを開催し推定25万人のファンが集まりました。

マッカートニーがフランス語を交え、「ケベックには初めて来ましたが、すばらしいところです」と呼びかけると、会場のファンからうなるような歓声が上がったそうです。

フランス語で挨拶の後、ウイングス時代の代表曲"Jet"でステージを開始し観客が一気に盛り上がると、すかさずビートルズの1962年の名曲"Drive My Car"を演奏しました。

 マッカートニーは19日夜にケベックに到着し、数100の熱狂的ファンに迎えられ、その多くは、イギリスのナイト爵をひと目見ようと、何時間もホテルの前で待っていたようです。1人の記者が車から降りたマッカートニーに「ケベック市に来て、幸せですか」と問いかけると、彼は親指を押し立てて「Oui!(はい)」と叫んだという事です。


TOPPAGE  TOP